頭皮のために正しいシャンプー前の準備を

美しい髪の毛を維持するためには、頭皮の健康を維持することは、非常に大事なことです。そのためにも、正しいシャンプーの方法をマスターしておくとよいでしょう。毎日のことですから、シャワーで軽く洗い流して終わりとか、力を入れて洗っていたりすることもあります。髪の毛にとっても、優しい洗い方とは言えないので、正しいやり方をマスターしておくべきでしょう。基本的な部分となりますが、髪の毛を洗う前には、髪の毛のブラッシングを行います。この一手間が、これから髪の毛を洗うときにも、泡立ちなどにも関係してきます。毎日のシャワーで髪の毛を洗う習慣がある人は、脱衣場にブラッシング用に、ブラシを1本置いておくと便利です。浴室に入る前にブラッシングすることに気がつき、部屋までブラシを持ちに行くのは手間です。ですが脱衣場にヘアブラシを置いておけば、すぐにブラッシングして、シャンプーをすることができます。

頭皮のシャンプーは温度もチェック

頭皮と髪の毛を美しくキープするために、シャンプーをする時の温度も気をつけてみることです。特に朝のシャワーや、気分転換したいときのシャワーは、少し熱めの温度のシャワーを浴びることで、スカッとした気分にもなります。気分もリフレッシュして、身体も一気にすっきりとした感覚になるので、たまの気分転換には良いでしょう。しかし、髪の毛などの事を考えると、熱すぎる温度でのお湯を浴びるのは、髪の毛や皮膚にとっても、あまり良いこととな言えません。熱いお湯は気持ちがいいという人でも、肌や髪の毛のことを考えると、少し温度を下げたほうが適切と言えます。お湯の温度が熱すぎると、肌を無駄に乾燥させてしまうためです。熱いお湯を使って髪の毛を洗えば、頭皮の乾燥も招きやすくなります。乾燥すれば、余計に皮脂分泌は活発となります。お湯の温度は、38度前後がベストになります。

シャンプーは泡立てて頭皮を洗う

お風呂に入って髪の毛を洗うときに、直接シャンプー剤を頭皮に塗りつけるのは、刺激が強いので控えたほうが良いでしょう。ヘアケア製品の容器には、それぞれに1回分の適切な使用料が記載されています。その適量を手に取って、水分を加えて泡立てましょう。洗顔をする時にも、洗顔フォームをよく泡立ててから使用します。泡立てることによって、肌への負担は軽減されるためです。それは髪の毛を洗うときにも、同様のことが言えます。たくさん洗浄成分を肌につければ良いというものではなく、基本の目安の量を使用することです。ショートカットの人であれば、手のひらに出す量は100円玉程の量です。髪の毛がロングの人であれば、その量の3倍と考えるとよいでしょう。シャンプー剤は手のひらに取って、水分を加えたら、泡立てネットを使って泡立てても構いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です